ログイン 
閉じる
 
   
 
胃・十二指腸疾患
1.胃炎
 急性胃炎:アルコール、ストレス、細菌などが原因で急性の炎症が生じます。腹痛、嘔吐など症状は強いこともありますが、原因を取り除けば、比較的早く治ります。
 慢性胃炎:比較的多い疾患で、症状のないことも多いです。最近、胃がんの発生母地として注目されているので、定期的な内視鏡検査をお勧めします。
2.胃・十二指腸潰瘍
 胃や十二指腸の壁の内側(粘膜側)から欠損が生じる病気。つまり、凹みができるわけです。これが大きく深くなると出血したり、穴が開いて腹膜炎を起こしたりします。症状は上腹部の痛みや嘔気などです。
ストレスや胃に棲むピロリ菌が主な原因であるといわれています。また痛み止めの薬、ステロイド剤などを長く内服すると潰瘍ができることがあります。
治療は入院などによる安静と食事療法(絶食、禁酒、禁煙)に薬剤(H2ブロッカー、プロトンポンプインヒビター)が良く効きます。
ピロリ菌を退治(除菌)すると潰瘍の再発を防ぐことができるので、ピロリ菌が原因で潰瘍になった方には除菌をお勧めします。

どのようなとき入院や手術をするのか? 
(1)出血があるとき:出血があると血液を吐いたり(吐血)、真っ黒い便が出たり(タール便)します。内視鏡でエタノールを注入したり、クリップをかけたりして止血します。どうしても止まらないときは手術をします。
(2)潰瘍で胃や十二指腸に穴が開いたとき:穿孔してすぐなら絶食療法で治療しますが、腹膜炎を起こしていれば手術になります。
(3)潰瘍がひきつれて、内腔が狭くなり(狭窄)、食事が入らないとき
胃切除かバイパス手術の適応となる場合があります。
(4)痛みが強く、食事ができないとき。
(5)ゆっくり静養したいとき。
3.胃がん 
 胃がんは日本人のがん死のなかで肺がんについで第2位のがんです。治ってしまう早期のがんが多いので、患者数は第1位です。初めのうちは特有の症状はありませんので、人間ドックや検診を受けることが大切です。
上腹部の症状があって来院した方には胃内視鏡、あるいはバリウムを飲んでレントゲンを撮る検査をお勧めしています。
 その他CT、腹部エコー、病理検査、血液検査などで診断します。
 治療は手術でがんを取りきることが大切で、唯一の治る道です。胃を切除し周囲のリンパ節を一緒にとってきます。これを根治手術といいます。早期~中期の胃がんはこれで治ります。粘膜に限局している早期のがんは手術をすることなく、内視鏡でがんだけを切り取る治療も出来ます(EMR、ESD)。反対に進行している胃がんに対しては再発予防のために手術の後で抗がん剤の投与(術後補助化学療法)を行います。また、手術でがんが取りきれないときや、再発した場合は化学療法や免疫療法を行います。