ログイン 
閉じる
 
   
 
がんの診断
1.がんの診断とは?
 がんに特有な症状はありません。そこで、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がんなど、頻度の高いがんの早期発見のために、定期健診や、人間ドック(当院ヘルスケアセンター)を受けることをお勧めしています。
 一方、胸のしこりや、腹部の症状を訴えて来院される患者さまには、症状に合わせて、以下の検査を適宜組みあわせて受けていただき、がんの診断を行っています。
2.診断の目的(何のためにやるの?)
 がんの診断はその目的から、大きく3つに分けています。
  (1)がんであることを診断する。
  (2)治療方針を決めるために診断する。
  (3)治療効果や、再発していないかを診断する。
 ですから、同じ検査を繰り返し行うこともあるわけです。
3.診断の方法(どんな検査があるの?)
  (1)画像診断: レントゲン、内視鏡、エコー、CT、MRIなど
  (2)病理診断: 組織や細胞を病変部から採取して行う組織診、細胞診
  (3)血液検査: 採血で腫瘍マーカーなどを検査